東京,着ぐるみ,きぐる み,ぬいぐるみ,キャラクター製作,着ぐるみリース,イベント,貸しきぐるみ,かぶりもの,文化祭,お祭り,動物のきぐるみ

着ぐるみ東京、着ぐるみ
着ぐるみコンサルタント、着ぐるみアドバイザー、着ぐるみのアドバイス、着ぐるみ相談人、着ぐるみコンシェルジュ、着ぐるみのプロフェッショナル、着ぐるみの専門家、着ぐるみのオーソリティー、着ぐるみのスペシャリスト、着ぐるみのソムリエ、着ぐるみの違いのわかる男、着ぐるみの鉄人、着ぐるみリーダー、着ぐるみ先生、着ぐるみの親方、着ぐるみの仕事人(だんだん怪しくなってきた)、着ぐるみの請負人、着ぐるみの業師(絶対怪しい)、着ぐるみ案内人、着ぐるみの帝王(この辺でやめとこ)、

まぁ呼び方は何でもインですけど、お客様がどのような基準をもって着ぐるみのデザインを選ぶのか、不思議に思えることが多々あるんですよね。
どう考えても動きにくそうだったり、扱いにくそうだったり、その上製作費が高そうだったり、場合によっては可愛くなかったり。もっとイーデザインを選べたんじゃないかって。

で、着ぐるみの師匠(アハハ)としてここは一丁お手伝いしちゃおうかな、と。
もちろん商売なんで、ギャラ(ご相談、でも交通費は出してね)はいただく訳ですが、その分着ぐるみ自体の製作費が抑えられたり、より可愛らしくてより動きやすくてより扱いやすい着ぐるみを作る方がイーンじゃないでしょうか(力説)。

例えば、デザインを公募された際にそのデザインの審査をします。例えばコンペなどの場合、どこの作り方が最も考えられているかを見極めます(善し悪しって料金だけじゃないですよね)。そういうことって、やっぱりプロの目があった方が良くありません? 

さぁこれを読んでらっしゃるお客様は迷わず、着ぐるみご意見番(残ってた)にメールで相談してみましょう! 待ってまーす。
評論とかコメントとか、そういったのもしちゃいます、この際だから。

(当方が製作の仕事をいただいてしまった場合は、コンサルタント料分値引きします)



ブログの欄でも書いたのですが、作業所をしばらく移転することになりました。

仮作業場なので、住所・地図は載せておりません。

西武新宿線田無駅になります。事情により電話番号も変わりました。

新しい電話番号は、


042-463-1920


です。

通常は作成途中のお客様チェックは当方作業所で行うのですが(機材・工具などが揃っているため)、しばらくはお客様のご都合のよろしい場所に搬送して行いたいと思います(製作内容によります)。

何かとご不便をおかけ致しますが、何卒よろしくご了承ください。

このたび、工房「着ぐるみ」のホームページを「着ぐるみ東京」として、リニューアルオープンする事となりました。

以前にも増して、皆様にご活用いただけますよう、努力していきたいと思います。

リニューアルサイトでは、着ぐるみの製作にまつわるお話などを、着ぐるみブログとしても、ご紹介していきたいと思っています。

今後ともどうぞ、よろしくお願いします。